設計料は住宅ローン控除の対象になる?

設計料は控除の対象になるかについて

マイホームを新築する際に、
設計だけは、他の建築士にお願いする
ということもよくあることです。

 

ここでは、そういった
設計料について取上げてみたいと思います。

設計料を建築請負業者以外の業者に支払った場合は?

結論から申し上げますと、
建築の請負業者以外の建築士に
設計料を支払った場合でも、

 

その分の借入金については
住宅ローン控除の対象になります。

 

では、なぜ新築工事の請負代金に
設計料が含まれるのかというと・・・

 

そもそも、「建築工事」は建設業法で、
建物の「設計」は、建築士法で定められているのですが、

 

建設業法上「設計」は
「工事」には該当しないと解釈されていて、
住宅の建築業者以外の建築士に支払う設計料というのは
「新築の工事の請負代金の額」
には含まれないことになっています。

 

しかしながら、以下のの理由により、
住宅の建築業者以外の建築士に支払う設計料は
「新築の工事の請負代金の額」
に含まれるものとして
取り扱うことになっています。

 

■事後的に必要になる登記費用などとは異なり、設計料は住宅を新築するために直接必要なものであること、又、建物の本体価格を構成するものであること

 

■建築業法と建築士法は、その業者の資質の向上等を目的とするものであり、業務範囲は明確にする必要がありますが、住宅を取得する人にとっては、設計から施工までが住宅の建築であり、「工事」と「設計」を厳格に区分する必要がないこと

 

スポンサーリンク