住宅ローン控除の再適用とは?/夫婦の共有住宅で住宅ローンも夫婦で支払う場合は?

住宅ローン控除の再適用について@

平成15年4月1日以降に
住宅を居住用にしなくなった場合に、

 

その後の転勤等で
またその住宅を居住用として使用する場合には、
住宅ローン控除の再適用が認められています。

住宅ローン控除の再適用についてA

これにより、転勤等によって
一時的に
その住宅に住まなくなった場合でも、

 

また戻ってきて
住むようになった場合には、
住宅ローン控除が再適用できます。

注意点は?

この制度は、あくまでも10年間という
住宅ローン控除の期間内での適用ですので、

 

当初の居住開始時から
10年以内に再び戻ってきた場合にのみ
適用されるということになります。

 

スポンサーリンク

夫婦の共有住宅で住宅ローンも夫婦で支払う場合について

夫婦で共働きのため
夫婦の共有名義で住宅を購入し、
そのための住宅ローンも夫婦で組んでいる場合、

 

住宅ローン控除は
夫婦のそれぞれが適用を受けられるのでしょうか?

 

これについてですが、
住宅ローン控除というのは、
一世帯につき1人だけしか受けられない
ということはありません。

 

ですから、共有者が
その住宅に居住している場合には、

 

夫婦でも親子でも、
その人の共有持分に相当する部分が
住宅ローン控除の対象になります。

 

よって、夫婦で住宅ローンを借りた場合でも
住宅の所有持分があれば、
それぞれの年末残高まで適用対象になります。

 

スポンサーリンク