フラット35でも共有名義にできますか?

フラット35でも共有名義にできるのでしょうか?@

夫婦共働きで、各々が資金を出して、
住宅ローンを組んだ場合に、

 

返済についても、
それぞれで行っていくのであれば、

 

頭金や住宅ローンを負担した資金の額に応じて
持分割合を計算すればよいはずです。

フラット35でも共有名義にできるのでしょうか?A

しかしながら、フラット35の場合は、
一軒につき一口(一人)しか
ローンを組むことができないので問題になります。

 

この場合には、年収の割合で
ローンを分けて計算することになります。

 

具体的には、次のようにします。

 

<フラット35で2,500万円の住宅ローンを組んで夫婦で返済している場合>
■夫婦の年収
夫の年収 ⇒ 600万円
妻の年収 ⇒ 300万円

 

■それぞれの負担分
夫600万円 : 妻300万円=2 : 1

 

スポンサーリンク

登記の手続きとはどのようなものですか?

登記手続きは、他人に対して
土地や建物の所有権を主張するために行うものです。

 

具体的には、建物を新築する場合や
土地や建物を売買する場合には、
売る側と買う側の合意によって契約が成立し、
代金決済が済むことで所有権が移りますが、

 

このとき、仮に売る側が
別の人とも契約して、代金を受け取ったとしても、
先に登記をしていた方が
優先的に権利を認められます。

 

いくら代金を先に支払ったとしても、
所有権はあくまでも
登記を先に済ませた方に移ることになりますので
注意が必要です。

 

法律的には、登記手続きが完了してはじめて
住宅取得の手続きが完了するといえます。

 

よって、住宅を取得したら、
直ちに登記手続きは行ってください。

 

スポンサーリンク