連帯保証人と連帯債務者の問題は?

連帯保証人というのはどのような人をいうのですか?

連帯保証人というのは、借り入れを申し込むときに
保証会社を利用しない場合に、
必要になる人のことです。

 

この連帯保証人になった人は、
もしローンを組んだ人が
そのローンを返済できなくなった場合には、
代わりに一括して弁済を求められることになります。

連帯債務者とはどのような人をいうのですか?

こちらの連帯債務者の場合は、
一緒に借入金を返済していく人になります。

 

よって、連帯保証人よりも
ローンを組んだ本人とのかかわりは
より強いということがいえます。

フラット35を利用するときに住宅ローン控除はどうなるのですか?

夫婦で住宅ローンを返済していて、
夫婦それぞれが
住宅ローン控除を利用するときには
注意しなくてはいけない問題があります。

 

というのも、フラット35というのは、
住宅一軒につき1口(1人)だけしか
住宅ローンを組むことができません。

 

ですから、たとえば夫の名義で住宅ローンを組んで、
返済については、夫婦でしていく場合には、
妻の方を、
連帯債務者にしておかなければなりません。

 

そうしないと、妻が住宅ローン控除を利用することが
不可能になってしまうからです。

フラット35以外で一人名義でローンを組み他の人と一返済する場合は?

他の住宅ローンについても
上記のフラット35と同じことがいえます。

 

要するに、一人の名義でローンを組んで
他の人と一緒に返済していく場合には、

 

基本的には、
連帯債務者の手続きをとらなければなりませんので
注意してください。

 

スポンサーリンク