フラット35Sの「S」とは?/技術基準を満たしているかどうかの判断方法は?

フラット35Sにはなぜ「S」がついているのですか?

フラット35Sの「S」というのは、
「S(スペシャル)」の意味でついています。

 

要するに、フラット35に
「優良住宅取得支援制度」
のイメージを表す、スペシャルの頭文字をとって
「S」をくっつけたというわけです。

優良住宅取得支援制度とはどのような制度なのですか?

フラット35Sの
優良住宅取得支援制度というのは、

 

一定の技術基準を備えた
優良住宅などを取得する際には
金利が優遇されるという制度のことです。

フラット35Sを受ける場合の技術基準とはどのようなものですか?

フラット35Sの技術基準を満たした住宅として
以下のような基準
をクリアしている必要があります。

 

この技術基準を満たした住宅の取得であれば、
借入後の5年間は0.3%金利が優遇されます。

 

■可変性・耐久性
劣化対策等級3および維持管理対策等級2または3の住宅

 

■バリアフリー性
高齢者等配慮対策等級3〜5の住宅

 

■耐震性
耐震等級2または3の住宅、免震建築物

 

■省エネルギー性
省エネルギー対策等級4の住宅

技術基準を満たしているかどうかの判断方法は?

物件のパンフレットなどを見ていただくと、
「フラット35-Sの対応住宅」
というような記載がありますので、
上記のような技術基準を満たしているかどうかというのがわかります。

 

また、フラット35の取り扱い金融機関等の場合には、
ほぼこの「S」の方にも対応しているはずです。

 

ただし、年間を通じて募集枠が設けられていますので、
利用を検討している方は
早めに情報収集するようにしたいところです。

 

もし不安があるようでしたら、
直接、不動産業者に
確認をとってみてもよいと思われます。

 

スポンサーリンク