不動産会社の広告の返済計画は?

不動産会社の広告の返済計画はどのようになっていますか?@

不動産会社の広告の
返済計画というのは、

 

一般的には
以下のようなケースが多いと思われます。

不動産会社の広告の返済計画はどのようになっていますか?A

■限度いっぱいのボーナス時加算
毎月返済とボーナス時加算に振り分ける元金の割合というのが、
認められる限度※いっぱいにボーナス時加算を組んでいます。

 

※民間住宅ローンの場合は、借入金額の半分以内で10万円または50万円単位です。

 

■キャンペーン金利の適用
金利については2・3年固定のキャンペーン金利を適用しています。

 

■35年返済の利用
返済期間については35年返済を利用しています。

 

スポンサーリンク

不動産会社の広告の返済計画での問題は?

上記のような内容で返済計画を作ると、
当初の返済額は、確かに低く抑えられるのですが、

 

固定金利期間が短かったり、
返済期間を当然のように、
35年に設定していることについては
以下のような問題があります。

 

■固定金利期間が短い点について
短期固定金利タイプは金利が低い分、
当初の返済額が抑えられるというメリットがある反面、
固定期間が終了した時点で
返済額が急増することがありますので注意してください。

 

■返済期間が35年である点について
返済期間が35年ということですと、
多くの方は退職されているはずですので、

 

たとえ返済額は少なくなっていたとしても、
退職後にローンの返済を継続していくというのは、
経済的な問題だけでなく精神的にも厳しいものといえます。

では、どのような返済計画が理想的ですか?

不動産会社の広告のような返済計画であっても、
年収が毎年必ずアップしていって、
途中で繰り上げ返済をすることが
可能な人であれば問題はありません。

 

しかしながら、一般的な人が
安心して返済していける返済プランを検討するのであれば、
以下のような点には注意を払いたいところです。

 

■返済期間の設定は60〜65歳までに完済できるようにする。
■ボーナス時加算額を抑え、毎月返済額の割合を多する。

 

スポンサーリンク