自営業者とサラリーマンの収入証明書は?

収入証明書とはどのようなものですか?

収入証明書は、
契約者の支払能力を
客観的に表すことができる書類です。

 

この収入証明書によれば、
その人が前年に、
どのくらいの所得があったのかを知ることが可能です。

住宅ローンを組む際に、金融機関に提出する公式の収入証明書とは?

住宅ローンを組む際に、
金融機関に提出する公式の収入証明書は、
勤務先や市役所(区役所・町村役場)で発行される
「住民税納税証明書」

「住民税納税通知書」
になります。

自営業者の収入証明書にはどのようなものがありますか?

住宅ローンを組む際に、
自営業者が必要になる収入証明書としては
以下のようなものがあります。

 

■税務署が発行する納税証明書(所得金額用及び納税額用)
■市役所(区役所・町村役場)が発行する住民税納税証明書
■市役所(区役所・町村役場)が発行する住民税課税証明書

 

なお、以下の人は
毎年確定申告をしなければなりませんが、
このときに計算される所得総額が
金融機関に報告する収入となります。

 

■給与の額が2,000万円を超える人
■給与所得と給与所得以外の所得のある人
■自営業者など給与以外の所得のみの人

 

スポンサーリンク

サラリーマンの収入証明書にはどのようなものがありますか?

住宅ローンを組む際に、
サラリーマンが必要になる収入証明書は、
金融機関によっても異なりますが、
源泉徴収票のみを提出すればよいというところもあるようです。

 

ただし、年末調整のときに
会社から受け取る源泉徴収票というのは、
前年の給与総額を知るうえでは
手近な資料ではあるのですが、

 

公的な収入証明書ではありませんので
注意しておきたいところです。

 

公式の収入証明書である、
「住民税納税証明書」「住民税納税通知書」
が必要になるのか、

 

それとも源泉徴収票だけでよいのかどうかということについては、
金融機関に確認するようにしてください。

 

スポンサーリンク