建売住宅選びのポイントは?

建売住宅選びで重要になるポイントは?@

建売住宅選びで、重要なポイントになるのは、
土地、建物の構造や実際の施工技術です。

 

なので、可能であれば、
建物の骨組みができた時点(上棟時)や
工事の段階で、
できるだけ細かくチェックするのが理想的です。

建売住宅選びで重要になるポイントは?A

しかしながら、建売住宅のように
完成後の物件の場合は、そういうわけにもいきません。

 

よって、完成後の物件の場合は
次のようなところをチェックします。

 

■その不動産会社が現在建築中の他の物件を見せてもらいます。

 

■不動産会社の担当者に、設計図を見ながら細かく質問してみます。

 

■床下、小屋裏(天井裏)などをのぞいてみます。

注意点は?

数棟程度のミニ開発の場合には、
そのまま販売しても利益が出ない土地に
建物を建てることがあります。

 

つまり、その建物から利益を上げようと
粗雑な住宅を建設したり、
狭い土地にぎりぎりに建てた
違法建築だったりというケースがあるのです。

 

こういうケースでは、住宅の質と価格が
つり合っていないことがありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

デベロッパー(分譲会社)の力の確認は?

一般的に、
ある程度の規模の建売住宅の場合には、

 

建売業者やデベロッパーが
工事の統一仕様を決めて、
建築会社や工務店に発注します。

 

ところが、現場管理が上手くいっていなかったり、
デベロッパーが住宅に不慣れだったりすると、
施工にばらつきがでることがあります。

 

なので、デベロッパーの力を確認するために
以下のような事項について調べてみるとよいでしょう。

 

■過去に分譲でどの程度の実績があるのか
■コンスタントに質の高い住宅を供給しているか
■建設業の許可や一級建築士事務所登録を持っているか

 

こうした業者は宅地建物取引業の資格は持っていますが、
さらにこれらの資格等も持っていれば、
設計施工能力に関してはある程度安心できるといえます。

 

また、実際に分譲した住宅を見学して、
居住者に話しを聞いてみるのも有効です。

 

スポンサーリンク