フラット35が使える建売住宅は安心?

大手・中堅会社の工法は?@

一般に、大手・中堅の住宅メーカーがつくる
建売住宅というのは、

 

建物の構造躯体※となる部分については、
工場で建材を均一にカットし、

 

現場では、組み立てるだけ
という方法がとられています。

大手・中堅会社の工法は?A

よって、施工にばらつきが出ることは
あまりないと思われますが、
やはり住宅の構造などについての
一定の知識は身につけておいたほうが安心です。

 

※基礎や筋かい、小屋組みなどです。

住宅工事の基準を知るにはどうしたらよいですか?

住宅工事の基準を知るための資料として、
住宅金融支援機構の
「フラット35・フラット35S対応」
木造住宅工事仕様書(解説付)
というものがありますので参考になります。

 

これは、フラット35を利用できる
住宅の以下のような点について解説しているものです。

 

■内装の工事
■構造躯体
■使われる材料

 

初心者にも理解できる内容となっていますので、
建売住宅購入の際には役に立ちます。

フラット35が使える建売住宅は安心してよいのですか?

そもそも
フラット35が利用できる住宅というのは、
一定の検査を受けて
適合することが条件になっています。

 

なので、フラット35が使える物件であれば、
ある程度安心してよいと考えられます。

 

スポンサーリンク