建築工法の特徴/木造在来工法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法...

建築工法とは?

代表的な建築工法としては、
以下の3つのものがありますが、

 

これらの代表的な建築工法の特徴をについては、
ある程度知っておいたほうがよいと思われます。

 

■木造在来工法
■ツーバイフォー工法
■プレハブ工法

木造在来工法のメリット・デメリットは?

木造在来工法の
メリット・デメリットは、次のようなものです。

 

<メリット>
■柱、梁、筋かいを組み合わせてつくるので、設計上の自由度が高く、
増改築時の間取りも変更しやすいです。

 

■自由に設計できるので、予算に応じた施工ができます。

 

<デメリット>
■施工には技術が必要になるので、
依頼先によってばらつきが出やすいです。

 

■木材でつくられるので、以下のものなどには弱いです。
・火災
・シロアリ
・湿気

 

■他の工法と比較して、接着剤などの化学物質の使用が少ないので、
シックハウスの心配が小さいです。

 

スポンサーリンク

ツーバイフォー工法の特徴は?

ツーバイフォー工法の特徴は、以下のようなものです。

 

<メリット>
■耐震性や耐火性が高いです。
■板状のパネルを組み合わせてつくるので、機密性や断熱性に優れています。
■規格化された材料が用いられるので、施工にばらつきが少ないです。

 

<デメリット>
■増改築で大きな開口部を開ける場合には、補強が必要になるなど構造上の制約を受けます。
■気密性・断熱性が高いので、換気対策など、シックハウスや結露への配慮が必要になります。

プレハブ工法の特徴は?

プレハブ工法の特徴は、以下のようなものです。

 

<メリット>
■構造体や建具設備までがあらかじめ工場でつくられので、
現場では組み立てのみが行われます。
そのため工事にかかる期間が短いです。

 

■構造体の部材によって、以下のように分類されます。
・木質系プレハブ工法
・鉄筋系プレハブ工法
・コンクリート系プレハブ工法...など

 

■耐震性や耐火性が高いです。

 

<デメリット>
■ツーバイフォーと同じように、増改築では制約を受けます。

 

スポンサーリンク