特定目的会社、独立行政法人とは?

特定目的会社とは?

特定目的会社というのは、
資産を流動化・証券化するために資産を保有する、
いわゆる器となる会社のことをいいます。

 

特定目的会社は、
英語で special purpose company といいますので、
この頭文字をとってSPCとも呼ばれます。

具体的には?

特定目的会社は、資産流動化法
(資産の流動化に関する法律)
の特定目的会社制度に基づいて設立される社団法人です。

 

ちなみに、最低資本金は、10万円とされています。

 

特定目的会社は、
金融機関や不動産会社などの
原債権者(オリジネーター)から
債権や不動産の譲渡を受け、

 

それを引当てに、有価証券(資産対応証券)
を発行します。

 

スポンサーリンク

独立行政法人とは?

独立行政法人というのは、
中央省庁の再編の一環として、
その試験研究部門や業務執行部門などを
本体から分離し、独立組織としたものをいいます。

 

ちなみに、イギリスのエージェンシー制度を
参考に導入されたものです。

独立行政法人の目的は?

独立行政法人の目的は、
行政組織の軽量化や効率化を図ることにあります。

独立行政法人への移行

1999年1月6日施行の独立行政法人通則法に基づき、
2001年から独立行政法人への移行が実施されました。

 

スポンサーリンク