日本消費者カウンセリング基金、金銭管理カウンセリング事業団とは?

日本消費者カウンセリング基金とは?

日本消費者カウンセリング基金(JCCF)というのは、
1997年6月に、

 

消費者金融連絡会の大手6社を中心に、
中堅消費者金融会社が参加して
14社により設立された基金※です。

 

※当初の基金総額はおよそ17億円でした。

日本消費者カウンセリング基金の設立目的は?

日本消費者カウンセリング基金の目的は、
多重債務者を対象とした
カウンセリング事業の拡充にあります。

金銭管理カウンセリング事業団とは?

日本消費者金融協会(JCFA)
の金銭管理カウンセリング事業団というのは、
日本消費者カウンセリング基金(JCCF)
の助成を受けて設立された団体です。

 

スポンサーリンク

日本消費者カウンセリング基金の活動内容は?

日本消費者カウンセリング基金は、
次のような活動を行っています。

 

■カウンセリングに関する研究活動
■カウンセラー養成
■カウンセリング事業を行う団体に対する寄付助成

 

また、業態別に行われていた
カウンセリング事業の抜本的な見直しを
行政機関に働きかけ、

 

行政、弁護士会、各業態代表による
研究会の運営助成を進めてきました。

 

それにより、クレジット業界が運営していた
日本クレジットカウンセリング協会の、
全業態型組織への改正が実施されました。

 

スポンサーリンク