農林漁業金融機関、農業協同組合とは?

農林漁業金融機関とは?@

農林漁業金融機関というのは、
農林漁業金融を
主な業務とする金融機関のことです。

 

農林漁業部門というのは、
その政策的な意味から、

 

一般の金融機関の融資対象とは
なりにくい側面があります。

農林漁業金融機関とは?A

よって、農林漁業金融機関は、
政府の保護助成を背景として、
相互援助の精神に基づく組合系統金融機関を
主体として行われています。

 

そして、これを政府系金融機関が
補完する形となっています。

農林漁業金融機関の種類は?

日本の農林漁業金融機関としては、
次のようなものがあります。

 

■政府系金融機関
⇒ 農林漁業金融公庫

 

■民間金融機関
⇒ 農林中央金庫
⇒ 農業協同組合
⇒ 漁業共同組合...など

 

スポンサーリンク

農業協同組合とは?

農業協同組合というのは、
「農協」
とも略されますが、

 

農業系統組合組織の基盤として、
1947年に
農業協同組合法に基づいて
設立された組合組織の法人のことです。

農業協同組合の事業内容は?

農業協同組合の事業は、
次のように多岐にわたっています。

 

■信用事業
⇒ 組合員の貯金の受け入れ、組合員の事業・生活に必要な資金の貸付等

 

■購買・共済・販売加工事業...など

 

スポンサーリンク