賠償額の予定、配達証明郵便とは?

賠償額の予定とは?

賠償額の予定というのは、
債務不履行の場合に賠償すべき額を、
当事者間の契約によって、
あらかじめ定めておくことをいいます。

 

なお、違約金は、賠償額の予定と推定されます。

予定賠償額の請求は?

債権者は、
債務不履行の事実を証明すれば、
予定賠償額の請求をすることができます。

 

ただし、金銭消費貸借上の債務不履行による
賠償額の予定については、
利息制限法による制限があります。

 

具体的には、利息の最高限度額※の
1.46倍を超えるときは、
その超過部分は無効とされます。

 

また、この場合の違約金は
賠償額の予定とみなされます。

 

※元本10万円未満の場合は年2割、
10万円以上100万円未満の場合は1割8分、
100万円以上の場合は年1割5分です。

配達証明郵便とは?

配達証明郵便というのは、
郵便局の配達証明制度を利用した郵便のことをいいます。

 

この配達証明郵便ですと、
郵便物を配達した事実とその日時を証明できるので、
通知などの到達日時の確認に利用されます。

 

ちなみに、内容証明郵便は、
通常、配達証明郵便で送付されます。

 

スポンサーリンク